新卒採用を通じて考える子育てについて

新卒採用を通じて、子育てについて色々と考えさせられます🧐

この時期、毎年新卒採用面接を実施しています。

私の勤めている会社は、平凡なメーカーですが、技術職の方は、旧帝大大学院の方々も多く受けに来られます。

そのような方々と、面接でコミュニケーションを取ると、中学受験で中高一貫の難関校に入り、現役で旧帝大に入学している方が多くいます。

小学校の頃から、ご両親からの支援により、塾に通い多額の授業料も支払ってもらっている(投資してもらっている)方々です。

一方で、私はと言うと、小中高と地元の公立学校を卒業して、私立の大学に通っていました。
塾には受験前に少し通っただけです💦
(親からの教育投資とは無縁で野放し状態でした・・・)

旧帝大出身のエリートと平凡な学歴の私💦
社会に出て、仕事をするフィールドは同じなのです・・・

ここで、伝えたいことは、中高一貫校を否定している訳ではありません!!

また、旧帝大を卒業した方より私が優秀と言っている訳でもありません💦

私が感じることは、

子供の主体性を促す教育をすることが大切だ

と感じています✨

面接をしていて、素晴らしい学歴なのに自信が無いような学生さんに出会うことがあります。

そのような方に面接で質問を進めていると、共通しているのは、中学受験や大学の選択を自身でしていないということです🧐

中学受験は、ある程度親の意向が反映されることは致し方ないのかと思いますが、大学の選択は自分でしなきゃ!と思ってしまいます。

共通しているのは、とても性格の優しい方々なのですが、主体性に欠けて受け身な印象があります。

恐らく、大学や就職先も親や学校の先生などと相談し、自分がどうなりたいか?よりも相手がどう思うかを優先されてきたのだろうな〜という感じです。。。

私にも、11歳と7歳の子供がいるので、子育てを100%完璧に出来ているかと言われれば、決してそんなことはありません!

ただ、子供たちの考えは尊重したいですし、

子供たちが、どうなりたいか?どうありたいか?

ということに対して、徹底的に向き合いたいと感じます✨

子育てに正解はありませんが、とにかく自分の子供には様々な経験をさせてあげたいと思います♪

子供たちがやりたいということは、反対せず全力で応援したいです📣

例えば、ユーチューバーになりたいと言われれば、どうすればなれるのかを一緒に考えたり✨

なりたいことがわからないと言えば、

海外に連れて行ったり。

私の友人である色々な職についている大人と話す機会を沢山作ったり。

そうすることで、様々な価値観に触れ、世界が広がっていくと思います✨

結果としてどのように生きていきたいかが見えてくるのではないかと考えます✨

私自身、大学時代にオーストラリアに留学した経験があります。

そこで出会った多国籍(スイス、イタリア、韓国、台湾などなど)の人たちの価値観がとても衝撃的でした😭

仕事を一旦辞めて、留学に来ている人や、
語学学校をすぐに辞めてオーストラリア一周に出かけるなど・・・
破天荒というかなんというか😅

生き方に正解はないということを痛感しました✨

子供が勉強したいと言って、中学受験を望めば当然応援します♪

何はともあれ、子供の主体性を尊重し育みたいと感じます✨
そのためにも子供とのコミニュケーションを活発に取っていきます✨

そんなことを考えている親とは対照的に、11歳の息子は本日もNintendo switchに夢中でございます💦

コメント

タイトルとURLをコピーしました