投資の前にやるべきこと

2020年1月からスタートした投資ですが、投資の前にしたことが、“支出”の見直しです。

具体的に行った支出の見直しは以下の通りです。

格安SIM ▲5,000円/月
→大手キャリアから楽天モバイルへ

✅生命保険・医療保険の解約から▲20,000円/月
→生命保険は、住宅ローンの団信で代替
→医療保険は、健保組合の高額療養費制度※で代替
※高額療養費制度・・・ざっくり説明すると、10万円/月を超える医療費について健康保険制度が補助してくれる制度。

自動車保険見直し ▲5,000円/月
→車両保険を外して、対人無制限でそれ以外は見直し

✅楽天経済圏
→楽天モバイル、楽天証券など楽天経済圏の活用でポイント生活

✅ふるさと納税
→年間60,000円ほどの住民税を地方の美味しい物に交換

支出を見直すことで、投資に回すお金が増えると言うメリットがあります。
ただ、それだけではなく、家計の流れ(収入と支出)が把握できて、支出をする際には
“価値”についてフォーカスを当てるようになりました。

例えば、これまでは、ファッションへの消費が多かったです。
Tシャツに8,000円や、仕事のワイシャツに10,000円など、なんの疑問もなく支出していました。


ただ、Tシャツやワイシャツにそれだけの価値があるのかなあ??と疑問が生まれました。
ユニクロや無印良品でも品質の良い物がかえるよな〜
とか、10,000円使うんだったら、株式投資に使った方が良いよな〜のように、発想が変わってきます。

上記支出の見直しは、月で換算すると、30,000円/月程度の削減ですが、それ以上にお金の使い方が大きく変わるというメリットを享受できたのは大きな収穫です。

投資をはじめる前に、支出の見直しをすることの大切さについて、独り言を呟きました。
これからも、お金とキャリアについて発信してまいります♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました